アクセス・教室のご紹介

アクセス

N piano music schoolは
大谷東小・大谷南小・東城南小・城南小
小山第三小・城東小etc.
その他、中高校生、園児、大人の方、また茨城県からもレッスンに通っていただいております。

大谷東小から徒歩10分圏内。
大谷中から徒歩10分圏内。
ひまわり幼稚園から徒歩15分程度。
こばと保育園から徒歩15分程度。
いずれも車で数分です。

教室の近くにバス停もございます。
また駐車場2台分ありますので送迎の際には無料でご利用いただけます。

知っていますか?「ピアノが習い事にいい」と言われる本当の理由

明石家さんまさんが司会を務める「ホンマでっか!?TV」に出演されている脳科学者の澤口俊之先生が、習い事の質問でこのようにおっしゃっていました。
「1番習い事としていいのはピアノです。指を動かす、先を読む、暗記する。全て脳の働きを高める。 ピアノを習っている子は頭がいい。更に、ピアノを習うとキレにくくなる」     
また「初見で楽譜を読む訓練や絶対音感がつく訓練によって、IQ が永続的に10ポイント上げられる」 とも言われています。 
更には、東大生対象に行ったアンケートで「子供の頃にやっていて良かった習い事」では、断トツで【ピアノ】という結果がでて、TVや雑誌でも数多く取り上げられています。
ピアノの演奏というのは
「目」「脳」「耳」「指」「感情」
すべて使うことを同時に行っています。
引用:ピティナ

ですので、ピアノの演奏は実は脳トレーニングになっているのです。
また「暗譜=楽譜を覚える事」により記憶の分野でもトレーニングになるのです。   
そこでN piano music schoolでは  
♪フラッシュカードなどを使い子供が楽しみながら音楽の基礎を学ぶ
♪簡単なソルフェージュによってリズム感や表現力・音感などを育くむ
♪楽譜を自分一人で読み取ることができるようになる
♪豊かな表現でピアノ演奏ができるようになる

以上のことを目標に日々のレッスンを進めていきます。   

幼稚園や学校でのリコーダー等の楽器演奏の宿題や練習、頼まれたピアノ伴奏等のサポートもしています。

堅苦しくなくアットホームな教室を心がけています。
・我が子にピアノを習わせたい
・趣味でピアノを楽しみたい
・憧れの曲を一曲だけ弾けるようにしたい
・経験のない大人だけどピアノ習ってみたい
・YAMAHAの指導・演奏グレード取得したい
・保育士や小学校教諭を目指している
・本格的にピアノを習いたい
・ピアノコンクールで成績を残したい
・音楽高校、音楽大学を目指している

クラシック、ポピュラーなどジャンルは問わず、また幼児からシニアの方まで幅広くレッスンします。   

教室のピアノはグランドピアノYAMAHA C3になります。

兄弟姉妹で連続した時間にお越しいただいてる生徒さんは、一人がレッスンをしている間は中でお待ちいただけます。

小学生以上の生徒さんは同室内のテーブルで学校の宿題等をしながら待っている子もいます。

※宿題に関しては一切手助けはしていません。


入会したばかりで、新しい環境に慣れていない小さな生徒さんの場合は、慣れるまで保護者の方が付き添っていただいて構いませんが、習い事の時間は『自立心・向上心・マナー』などの様々な力を育む貴重な機会です。
そのことから慣れてきましたら、付き添いなく一人でレッスンを受けるを推奨しておりますが、講師が同席してほしいと判断した場合(発表会前、コンクール前など)は、前もってこちらからお声かけをしてレッスンに同席していただくご協力いただいております。
また、事情がありレッスンに同席したい場合は、その都度ご相談下されば快諾いたしますのでご安心下さい。

★現在、新型コロナ感染予防対策として、三密を避けるため生徒さん以外の入室はできません。玄関から教室に上がることができるのは、レッスンを受ける生徒さんのみとさせていただいております。ご理解、ご協力をお願いいたします。


無料体験レッスンも喜んで受け付けております。 (要予約) 

まずは遊びに来る感覚で教室へお越しください。

そこで体験レッスンをしていただきその後詳細をお話させていただいてます。

※体験レッスン時は、レッスンとお話を含め30分前後お時間をいただきます。


※誠に勝手ながら、現在は成人男性のレッスンは受け付けておりません。

使用教材

N piano music schoolでは、以下の教材等を使用しています。

こちらは代表的な一般教材で、ほんの一部ですのでご了承下さい。

教室ではこのほか、様々な教材を使用しています。


生徒様ご本人・保護者様の希望の曲や楽譜、またPTNAコンペティション用課題曲楽譜、その他各種コンクールに向けての楽譜など、その時々のニーズに合った教材を適宜使用していきます。


ピアノを弾く上で大切な基礎教材(エチュード含む)は、レパートリーと並行して練習していくことをお勧めしていますが、必ず教材を使用する前に生徒様、保護者様への詳しい説明と同意をいただいてからご購入いただくことになりますので、ご安心ください。


教材購入については、生徒様のご負担で購入していただくことになります。


楽譜は、国内楽譜、輸入楽譜など、様々な出版社から発売されています。

また一つの曲をとっても、様々なレベル、色々なアレンジで出版されているため、本当に数多くの出版がされています。

生徒様のレベルに合わせた購入が大切と考えますので、講師と生徒様側とで、連携し相談しながら進めていけたらと思います。


ご縁があってみなさまとレッスンできる日を楽しみにしております。